読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざくおの語り賢者ブログ

語り賢者はほどほどに。

カエルのなく頃に

どうも、ざくおです。

最近暑くて仕方ないのでエアコンのフィルターを掃除しました。

いざ付けて見ると全然涼しくならなく、どうやら冷媒のガスが抜けてしまったようで...

冷媒のガスによる地球温暖化の加速とエアコンの故障のダブルパンチで今年の夏は文字通り地獄になりそうです。

今年は頑張ってくれよ、相棒。


1.【カエル(ガエル)】というデッキについて


さて今回のブログは久々の遊戯王のブログということで、新しいデッキについて語り賢者したいと思います。

今回紹介するのは新弾である『インベイジョン・オブ・ヴェノム』で強化を貰った【カエル(ガエル)】デッキです。


遊戯王における🐸といえばガエル帝、マスドラガエル、ガエルシンクロ等過去に何度もいろんな形で環境に波紋を呼んだカテゴリです。

そんなガエルが貰った新規カードがこちら。


エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/水族/攻2200/守 0
水族レベル2モンスター×2
(1):自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「ガエル」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、
自分の手札・フィールドの水族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、破壊したカードを自分フィールドにセットできる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

(1)の効果はお互いのスタンバイにデッキから「ガエル」カードをリクルートする効果。

(2)は相手のカードの発動に対してカウンターできる効果。
他の場のカードや手札のカードだけでなく自身をリリースしても発動できる。
とりあえずで制圧力持たせるのはいかにも9期っぽい。
そして何より無効にして破壊したカードを自分の場にセットできる。

この効果がヤバくて、とりあえず相手のアドバンテージ奪えるだけではなく墓地へ送られた時の効果が発動する前に非公開領域に持っていけるので効果を発動させないのです。

ABCの金銀ガジェなどのリクルート効果の発動も許しません。

(3)の効果は墓地に送られたとき墓地の水属性カードをサルベージする効果。
餅カエルを作るときに出す鬼ガエルや(2)のコストで墓地に送ったカードを手札に戻してやったり、こいつ自身を戻してやることもできます

こいつ一体単体で何アド取る気なんだと^^;

アドバンテージの確保、制圧力、さらには突破された時の後続の確保まで一枚に詰め込まれたかなりヤバイカードです。

新弾が出てからすぐにCSでも結果を残しているようで、一枚から環境に影響を与えてしまうパワーカードだということがわかります。


要するに、この餅カエルをとりあえずビートしまくったら強いっていうのが今の環境の【カエル(ガエル)】です。


2.主要カード

ではどうやって餅カエルを展開していくのか。

そのためのカードを紹介していきたいと思います。

《鬼ガエル》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守 500
(1):このカードは手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキ及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
水族・水属性・レベル2以下のモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(3):1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「鬼ガエル」以外の「ガエル」モンスター1体を召喚できる。

まず《鬼ガエル》。

昔のカードながらかなりのカードパワーを誇ります。

手札からの特殊召喚効果、水/水2以下のおろかな埋葬効果、さらに場のモンスターを戻してガエルの召喚権を増やす効果。

何より(3)の効果以外は1ターンに何度でも使えるというのが最高にクール。

《魔知ガエル》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守2000
このカードのカード名は、フィールド上に表側表示で存在する限り「デスガエル」として扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分のデッキ・墓地から「魔知ガエル」以外の
「ガエル」と名のついたモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。

他のモンスターを攻撃対象にさせなくする効果と墓地に送られたときにデッキ墓地からガエルカードを手札に加える効果を持っています。

サーチ、サルベージ効果はタイミングを逃すので注意。

《粋カエル》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守2000
このカードのカード名は、
フィールド上に表側表示で存在する限り「デスガエル」として扱う。
また、自分の墓地の「ガエル」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
このカードはシンクロ素材にできない。

墓地のガエルを除外して自身を特殊召喚する効果を持ちます。
こちらもターン制限はないので墓地が許す限り1ターンに何度でも出てきます。

積極的に鬼ガエルからアクセスすることになります。

《粋カエル》なので「ガエル」サポートを受けられない点には注意。

《レスキューラビット》+《バニラモンスター》

ラビット一枚から餅カエルが成立します。

《予想GUY》もあるので積極的に展開に絡むことになると思います。

雰囲気が合うので僕はカエルスライム使ってますが正直どれ使っても差はないです。
カエルスライム》もサポート受けられませんし。


《グレイドル・スライムJr》

チューナー・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 0/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「グレイドル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じレベルの
水族モンスター1体を手札から特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「グレイドル」モンスター1体を特殊召喚する。

戦闘破壊時に《グレイドル》モンスターをリクルートする効果と召喚時に《グレイドル》モンスターを蘇生する効果を持っています。

重要なのは同名も蘇生できる点で、墓地に同名がある状態で召喚すると餅カエルが成立します。

手札にあって墓地にないときは鬼ガエルから墓地に落とすこともあります。

《ベイゴマックス》

効果は言わずと知れていると思うので割愛。
後述の「ゼンマイ」ギミック以外にも《ブレイクソード》や《トーテムバード》など、展開、後手の捲り、制圧何でもそつなくこなします。

《ゼンマイ》ギミック

《ベイゴマックス》から《ゼンマイティ》を組んで《ゼンマイマイ》をリクルートすることで召喚権を使わず水/水2を用意できます。

また《ゼンマイマイ》はセットカードをバウンスする効果を持っており、バックに触れる点もオシャレで高評価です。



3.まとめ

展開のギミックについてはそれぞれのテキストに「こうやったら出るよ!」って書いてあるんで引いた札使ってそいつら並べてエクシーズすればいいと思います。

過去に何度も環境に波を立てているだけあって9期に負けないパワーカードが沢山あったのにかなり驚きました。

あとベイゴマギミック考えた人は天才だと思いました。

これからどう環境に食い込んでいくか楽しみですね。

あと一応《餅カエル》の効果でパクられたカードをパクられたまま持ち返られる事案が割と起こりかねないのでカードの管理には細心の注意を払いましょう。トラブルにつながります。




ちなみに妹の部屋から扇風機の羽根の留め金を拝借してきたので相棒はこの夏頑張ってくれそうです。

↓クリックして僕を有名ブロガーにしてください

遊戯王 ブログランキングへ