ざくおの語り賢者ブログ

語り賢者はほどほどに。

DD小噺

今週末にCSがあるのですが、使うデッキがなかなか上手くまとまらず落ち着かないのでブログでも書こうかなと思います。


1.オルトロスの使い方


専らバック除去札として使われるこのカードですが時たま変わった使い方をするのでそのお話を。


まずみなさんご存知だとは思いますがコイツはチューナーです。

星4Pチューナーってラスター以来コイツが初めてなんじゃないですかね。

というわけでこいつを使った展開ルートをご紹介。

オルトロス + コペルニクス

サイフリート

コペルNS
コペルef スワラルgv
スワラルef オルトロスSS
オルトロス + コペルニクス → サイフリートSS

手札2枚からのサイフリルート。

ラミアにもスワラルにもアクセスできなくても一応作れる展開ルートです。


スワラル + ラミア + コペルニクス + オルトロス

サイフリート + クリスタル + Ω

門発動
門ef 足りないパーツサーチ
スワラルef コペルニクスgv テムジンSS
スワラルef ラミアSS
テムジンef コペルSS
コペルef ネクロgv
ラミア + テムジン → アレクサンダーSS
オルトロスNS
アレクサンダーef ラミアSS
オルトロス + コペルニクス → サイフリートSS
ラミア + アレクサンダー → クリスタルSS
ネクロef テムジンvn ダルクSS
ラミアef 門gv ラミアSS
ラミア + ダルク → ΩSS

ケプラーを絡めなくてもよく、オルトロスを展開に絡めたクリスタルサイフリΩのルートです。

次のターントーマスにアクセスできればオルトロスを回収してバック除去やコペルニクスのP召喚も可能になります。


特殊召喚したターンは悪魔族モンスターしか特殊召喚できないデメリットもあるのでそこだけは注意しましょう。

通常召喚すれば問題ないです。


2.DDに対するサイドプラン


完全にDDの視点に立ってこのカードがキツイっていうサイドカードを挙げていきたいと思います。


①手札誘発

ヴェーラーは展開が弱くなる

うさぎは展開に必要なパーツが揃わなくなる

Gは展開を止めざるを得なくなる

D.D.クロウはラミアがぽやしみ〜?


②魔法罠除去カード

地獄門に当てられると困ります。

またライブラを絡めた展開によって引き込んだ罠を除去することもできるので先手後手関係なく入れて強いカードだと思います。


③前面退かしカード


サイフリートやクリスタルといったカードを有無を言わせず弾き飛ばせるサタンクロース等がオススメ。

あまりオススメはしませんが闇の護符剣もなくはないです。

サイフリを踏んだ上で撃って強く動けるなら全然アリだと思います。

ラー玉なら虚無のケアしながら全部のモンスター処理できるからヤバい


                                              • -


短いですが今回はここまで。


ブログランキング投票してくれたら嬉しいです。

遊戯王 ブログランキングへ